スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外な観光都市 Asheville, NC

またまたこんにちは


日本からはるばる友人がAshevilleという町に来るというので、片道4時間かけて一人で会いに行きました

ノースカロライナのアシュビルの位置は、大まかにいうとアトランタの北東(斜め右上)といったカンジです

 往路について 

アトランタからはまずI-85(U.S.National Interstate Highway、州横断道路)でGreenvilleまで行き、そこから国道25(U.S. Highway)、そしてI-26経由でAshevilleに到着しました。
地図でみると直線距離よりもかなり遠く、Greenvilleを迂回するようなイメージで、果たしてこれが最短だったのかは疑問を持たずにはいられません。
でもカーナビもグーグルでも往路はこの道順を指すし、やっぱり州横断道路は整備が比較的行き届いているので、その通りにしてみました。

 復路について

ナビが指すとおりに進んだら往路とは違った道路を通ることになりました。地図上では最短距離と思われます。
ただ、とにかく山を乗り越えるし、たまに信号もあるので往路とは違った意味で少々疲れました。
Ashevilleからは西にI-40を進み、途中で国道23を南西にひたすら走り、最終的には往路でも使ったI-85に合流します。
色々ありましたが、アメリカの田舎の道路も心が和んだし、山の頂上付近は空気が澄んでいて休憩も気持ち良くできたので、もしまたAshevilleに行く機会があればこちらの道を使おうかなと思います。


でも、ここにはこれだけ時間をかけても見ておくべきものがあるのですよ

私も行くと決めて初めて知ったのですが、
Ashevilleにはアメリカで一番大きい個人邸宅、”Biltmore Estate”があるのです


じゃ~ん




DSC02664.jpg



じゃじゃ~ん



DSC02665.jpg



すごいですよねぇ~~~~


Biltmore邸宅の広さは175,000平方フィート(16,300m2)で、2位以下を大きく引き離していますね。


1895年に完成し、George Washington Vanderbilt IIが亡くなる1914年まで住んだそうです。

そしてその子孫が1956年まで実際に住んでいたとのこと。

この邸宅の維持のために1930年の3月から一般公開されています。

驚くのはこの内部

でも残念ながら写真撮影は禁止です


素晴らしい装飾、美術品の数々は言うまでもなく、この時代に既にエレベーターや火災報知機、
インターホン、更には室内プール、ボウリング場、ジムなども設置されているんですよ

まさしくアメリカ黄金時代の象徴の一つと言われるだけのことはあります


当然ではありますが、ご主人様やゲスト用のお部屋と比べると、地下にある使用人のお部屋はなかなか淋しいものがありました・・・


そこで頭に浮かんでくるのは、このご主人様は何を成し遂げてこんな大邸宅を作れたのかということです。


現地で手に入れたパンフレットには何も書いていなかったので、要所要所に立っている解説員兼監視員の男性に聞いてみたところ、最初は貧乏だったおじい様がこの黄金時代の波に乗って農場や蒸気船の貿易で築いた財産を孫であるこのGeorgeさんが受け継いだたため、ということでした。


この方の代で財産はだいぶ減ってしまったようですが、こんな後世に残る大邸宅を残したのですからすごいことですよね


この大邸宅だけではなく、敷地内にはWinery,Garden,Hotel,Farmなど様々な見所があるんです。

Farmは子供たちのためのエリアもあり、English Tea PartyやStory tellingなどを楽しんでいました。

ちょっとだけGardensの写真を・・・



DSC02696.jpg



DSC02707.jpg



DSC02708.jpg



DSC02709.jpg





気になるBiltmore Estateの入場料はオンラインで7日前までに買うと$15ほど安く買え、$44(1人)でした。

平日or週末、シーズン(お花の季節など高め)などによって変動があるようです。

それにDeerpark restaurantというレストランはチケットと一緒にオンラインでランチバフェのチケットを買うことができるんです。

本来2人で$49のところ約$35(タックス、チップ込み!)で美味しいランチが楽しめました。
(今までの経験上、アメリカでこうゆうのはかなりお得で損したことがありません。日本だと、行ってみてから、あ~事前に買わなければ良かったというのはありますが。。)




中庭を望んでのランチバフェ。




DSC02716.jpg



ウェイトレスさんも気さくです。




DSC02717.jpg



なぜこのレストランだけ安いのかと勝手に想像すると、恐らくBiltmore Houseから離れているために人を呼ぶためのツールとしているのだと思います。(もちろん敷地内)

Biltmore Estate内には他にもオープンテラスのあるカフェなどありましたが、Deerparkのほうが断然雰囲気もいいし、コストパフォーマンスが良いしおすすめです。

でももっと高級なレストランもあるので、事前にHPで確認していったほうが良いかと思います。


Biltmore Estateは少なくとも1日はかかりますので、余裕を持って観光してくださいね










スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

すんごいよこの邸宅!!
綺麗~~っっ 中も見たいっっ残念(泣
アメリカの相続税制度ってどうなってるのかしらん?
下世話ですが、相続した人も大変ねーとか思っちゃいました(笑
Posted at 2011.05.08 (07:11) by みお (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
みおさん、

コメントありがとう!
そうよそうよ、中がすごいのよ!
相続税、私もわからない・・・調べてみる価値はアリよね。
まったく根拠はないけれど日本ほど高くないかもね!?
Posted at 2011.05.09 (14:05) by むさこ (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

Alana

Author:Alana
ご訪問ありがとうございます。
ブログを引っ越しましたので、ぜひこちらにもお越しください↓
http://alana888.blogspot.com/
~~~~~~~~~~~~~~~~~
・Grobal Soap Project
石鹸で手を洗えれば年間140万人の命が救われ、五歳以下の子供の肺炎のリスクを50%減らせます。何もしなければ毎日260万個破棄される石鹸を命を救う手段にできるって素敵だと思いませんか?
アトランタ在住Our Hero Derreckさんからのメッセージはコチラから↓
Global Soap Project




尚、このサイトは個人の趣味であり誤記のないよう努力しておりますが、内容の正確性等をはじめ一切の責任を追いかねますのでご了承下さいませ。

また、頂いたコメントは承認制のためアップに少々時間がかかります。
メールをご希望の方は、コメント欄にその旨とご連絡先をお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。