スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのSt. Valentine's DayとDonation

今日はバレンタインデーですね~


テレビで見ましたが、
日本でも被災地の方々にメッセージを付けてチョコレートのプレゼント贈っているそうですね!


ここアメリカアトランタの私のクラスでも、担任の先生の「バレンタインデーだからこそ」ということで、
Food Driveという寄付活動を全クラスに呼びかけました。






Food drive by Beyonce

2007年に自身のコンサート会場でFood Driveを行ったビヨンセ (NewsBlazeウェブサイトより)



Food Driveとは食べ物が買えず空腹に困っている人たちに食料品そのものを寄付するものです。
ただ私たちから直接ではなく、そのような支援をしている団体に持っていきます。
アメリカでは大変メジャーなボランティア活動です。


ちなみに、今回持ってきてほしいと皆さんにお願いしたものは、

・缶詰め(野菜や果物)
・シリアル
・お米、パスタ などなど、、もっとたくさんありましたが、思い出せません。。


ただ、日持ちのしないものや冷蔵庫、冷凍庫での保管が必要なものなどは受け付けませんし、
支援を必要としている人たちほど肥満リスク、成人病を抱えているために、高カロリー高塩分のものなどは受け付けません。

2011年には45million以上の人々が政府の食料支援(Food Aid)を受けたそうです。(News for You掲載の2009年、2010年のAmerican Community Surveysによる)
そしてその政府のコストは$75 billion!。
そのため、共和党候補者指名レースでもこの食糧支援の是非がCampaign Issueに取り上げられています。


アメリカでは今年1月の失業率が8.3%、12.8millionにまで低下したと一時ニュースになりましたが、
パートタイムなどで月に7、8万円に満たないような収入で生活をしている人たちでも、
数字上は「就業している」ことになっているため、あまり状況が良くなっているわけではないそうです。

実際に2月3日リリースの数字では、経済的理由(就業時間がカットされたり、フルタイムの仕事を見つけられないために)でパートタイムについている人口だけでも8.2 millionだそうです。
(数字は、United States Department of Labor Table A-8. Employed persons by class of worker and part-time status参照)

(もちろん地域によっても大きなバラつきがあります。)


そのような人たちはとてもその金額では生活できないので、
Food Driveのような支援を必要としています。


スーパーマーケットでも季節ごとに大きなBOXを設けていますが、
お住まいの場所の支援団体にご興味のある方は以下のサイトでチェックできます

FEEDING AMERICA
→食料支援だなんてまるで別の国のような話だと思っていたのに、本当にたくさんあって驚きました。
アメリカに比べたらかなり少ないようですが、日本にもこのような団体があるようで「東北支援パッケージボランティア募集」とありました。セカンドハーベスト ジャパン






話はだいぶ変わりますが、アメリカという国は本当に寄付活動が盛んだなと最初に来た時に思いました。
例えば、洋服や子供のおもちゃなど。
教会などでもやっているようですし、私の知っている代表的なところで言えば、

Goodwill Industries International, Inc
→至る所にお店があって、そこで好きな時にドロップオフできますし、その寄付されたものを買うこともできます。



また、寄付依頼の電話も自宅にひっきりなしにかかってきます。
ウチだけだったりして・・・(他に営業などの電話も多いです)
例えば、

American Kidney Fund
→最初にかかってきた時は「え、Kidney(腎臓)?病院?」と思いましたけど、よくよく聞いてみると洋服やおもちゃなどの寄付依頼でした。
でも当初は知らない団体が家に来るなんてちょっと・・と敬遠していましたけど、
寄付したいものができたのでお願いしてみることにしていました。
その引取りが今日だったのですが、朝7時半~4時の間に取りにいくので玄関外に置いておいてと言われ、
その通りにしたら本当大きなトラックで取りに来てくれました。



IMG_0968.jpg


さようなら~!私の大切な、でももう着ない洋服たち・・・
※太ったからではありません。いや、それもちょっとあるカモ。




最近あまり深くその意味を考えてもいなかったバレンタインデーでしたが、
色々な人たちへLOVEを届ける日、
そして日頃支えてもらっている人たちに感謝の気持ちを伝える日だったと改めて感じた一日になりました~。







復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



お帰りの際に、ポチッとして頂けると元気が出ます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.02.17 (04:47) by () | [編集]
Re: タイトルなし
リコさん


そうですね、
アムトラックの駅はアトランタにありますが、
お時間に余裕がないときは飛行機のほうが良いかもしれませんね^^

お手数ですが、メールは以下にお願いできますでしょうか!?

alana.atlanta2010@gmail.com

Posted at 2012.02.17 (17:44) by Alana (URL) | [編集]
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
プロフィール

Alana

Author:Alana
ご訪問ありがとうございます。
ブログを引っ越しましたので、ぜひこちらにもお越しください↓
http://alana888.blogspot.com/
~~~~~~~~~~~~~~~~~
・Grobal Soap Project
石鹸で手を洗えれば年間140万人の命が救われ、五歳以下の子供の肺炎のリスクを50%減らせます。何もしなければ毎日260万個破棄される石鹸を命を救う手段にできるって素敵だと思いませんか?
アトランタ在住Our Hero Derreckさんからのメッセージはコチラから↓
Global Soap Project




尚、このサイトは個人の趣味であり誤記のないよう努力しておりますが、内容の正確性等をはじめ一切の責任を追いかねますのでご了承下さいませ。

また、頂いたコメントは承認制のためアップに少々時間がかかります。
メールをご希望の方は、コメント欄にその旨とご連絡先をお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。