スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道でお金を請われたら・・・?

皆さんは道で見知らぬ人にお金を請われたらどうなさっていますか?

アトランタでは交差点などにダンボールの切れ端にお金がほしい旨を書いて立っている男性をよく見かけます。

私は基本的に目を合わさないようにして車の窓も開けませんが、

わざわざ開けてお金を渡しているドライバーもいますね。




ただ、今日は私も珍しくお金を渡してしまいました。

シチュエーションとしては、一人でOld Fourth WardにあるHighland Bakeryでランチをして、

(決して危ないエリアではなく、オープンテラスでたくさんの人がランチしてましたが)

駐車場から車を出そうとバックしたら向こうから自転車を手で押したおじさんが来たので、

彼をやり過ごしてからにしようと待っていたら話しかけてきました。




「あ、、これはお金だな」と思いましたが、既に顔と顔が向かい合っていて窓も開いているので、

あげなかった時の何らかのリスクよりもここで2ドル渡してしまうリスクのほうが断然低いので、

2ドルを手渡しました。

これまたちょうどランチのお釣りが手元にあったからということなのですが、

素直に受け取って素直に去っていきました。

ただ、彼は新しいファルコンズのユニフォームを着てちゃんとした自転車を押していたので、

そんなにお金には困ってはいないと思います



確かにジョージア州の失業率10.2%(2011年8月時点)と高いままで大変な状況ではありますが、

恐らくそれは別の問題だと個人的に思います。

こうゆうことをしない人はどんなに困ってもしないし、逆にお金があってもしてしまう人もいるんだと思います。





そう思いながらの帰り道、頭に浮かんでいたのは、”Emmanuel's Gift"という映画のことです。

主人公のエマニュエルはどんなに困った状況でも決して物乞いはしなかったからです。




Emmanuel's Gift [DVD] [Import]Emmanuel's Gift [DVD] [Import]
(2006/02/14)
Robin Williams、Oprah Winfrey 他

商品詳細を見る




内容を掻い摘んでみると、

ガーナでは国民の10%が体に何らかの障害(栄養やポリオウィルスのため特に下肢)を抱えて生まれて
きています。
しかしガーナにサポートする国力はなく、更に昔からの慣習で障害を持った人たちを蔑む周囲の意識のため、
社会的支援や教育は受けられず、また家族も見放すので、
その人たちは道で物乞いをするか森で死ぬかの選択しかなかったのでした。

例にもれず主人公のエマニュエルも右足が極端に短く曲がって生まれつき、
そのために父親は逃げ、母親は周囲からエマニュエルを殺してしまうように言われます。
しかし母親は強くて愛情深い女性で自分の子供に手に掛けるなどもちろんできず、
エマニュエルに勉強をさせ「自分に自信を持つように、
そして決して物乞いだけはしないように」と言い残して若くして亡くなりました。

エマニュエルもその通りに強く成長し、ある時からある行動を起こしたことにより国中に旋風が巻き起こり、
政治家までも巻き込んで、間違った社会的通念を変えていくという感動のドキュメンタリーです。
彼には絶対に物乞いをしないという強い自尊心と国民の意識を変えたいという志がありました。



話を元に戻しますが、

アトランタの道端でこんな場面に遭遇する度に、(アトランタだけではありませんが)

「本当はどうすることが相手にとって一番いいのだろうか」ということを考えます

こうゆう人達に直接お金を渡すと良くないことに使われてしまうので、

寄付をするならどこかの団体に間接的にしたほうがよいという意見も聞きます。

でも結局アメリカ的には「自分はどうしたいのか」ということが大切なのかな~!?とも思います。





ただ、命の危険を感じるような深刻度の高い場合は選択の余地はありませんね。

アトランタの賑やかなモールでも、ThanksgivingやX'mas時期、

銃を背中に突きつけられてホールドアップにあった男性の話を何度か聞いたことがあります。

銃社会ではやはり自分の身を守るためには、

迷わずキャッシュを手渡すということも必要だということですね・・・


(ちなみにジョージア州では装填済みの銃を屋外に持ち出す場合、

GFLか有効な他州の銃免許が必要だそうです)






できることをこつこつと

tohoku150_150b.gif



ランキングに参加しております

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2011.09.15 (22:27) by () | [編集]
Re: タイトルなし

リコさん

そうですね、やはり常にキャッシュをポケットに入れておくのがいいですね!!

あと本当に相手にも寄りますね~。
臨月の女性や子供に言われたら・・・
やはり周りの人の反応を見るのが一番安全かもしれません。
特に異国の地では。

それとお金を渡す心理としては比較の問題が大きいとも思いますね。
どうせ渡すならより立場の弱い人に渡したいという気持ちが人にはあるんじゃないかと思います。

そうですね、人の心を動かせる生き方って本当に憧れます~!!!
ぜひこの映画観てみてください♪

Posted at 2011.09.16 (14:54) by Alana (URL) | [編集]
ズバリ!
英語の分からないフリをすれば
だいたいの人はあきらめてくれます(笑)。

日本語で「あなたが何を言ってるか分かりません」と
言うと、効果てきめんです。
今までこの手でしつこく訊いてきた人はいませんでした。

ぜひ試してみてください。

Posted at 2011.09.17 (10:09) by may (URL) | [編集]
Re: ズバリ!
Mayさん

そうなんですね!
言われてみれば納得です!
そうですよね~、対応に困った時は日本語でトライしてみます。
ありがとうございます~♪
Posted at 2011.09.17 (17:44) by Alana (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

Alana

Author:Alana
ご訪問ありがとうございます。
ブログを引っ越しましたので、ぜひこちらにもお越しください↓
http://alana888.blogspot.com/
~~~~~~~~~~~~~~~~~
・Grobal Soap Project
石鹸で手を洗えれば年間140万人の命が救われ、五歳以下の子供の肺炎のリスクを50%減らせます。何もしなければ毎日260万個破棄される石鹸を命を救う手段にできるって素敵だと思いませんか?
アトランタ在住Our Hero Derreckさんからのメッセージはコチラから↓
Global Soap Project




尚、このサイトは個人の趣味であり誤記のないよう努力しておりますが、内容の正確性等をはじめ一切の責任を追いかねますのでご了承下さいませ。

また、頂いたコメントは承認制のためアップに少々時間がかかります。
メールをご希望の方は、コメント欄にその旨とご連絡先をお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。