スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Savannah&Tybee island 歴史地区編

年末から年始にかけて、急遽Savannah(GA州)とそのすぐ近くのTybee islandに行ってきました。
 
目的はもちろんTybee islandのビーチから初日の出を拝むためです!
 
Savannahは1733年にアメリカ最初の計画都市として建設された街です。
 
I-16を数時間走って、その道路が終わってしまって街に着いた途端に「わぁ!素敵」と思わず声が出てしまった私。
 
まずスパニッシュ・モスのトンネルに感動です・・・ (涙)
 
走っている車中から撮ったのでブレていますが、これぞ私のイメージしていた南部よぉと思いました。
 

 
31日の日没40分前に到着した私たちは車の中でちょこっと調べた情報を元に三箇所を観光予定です。
 
車外に出ると暖かいのにビックリ。
 
アトランタはコートなしでは無理でしたが、ここでは半そでの人もいました。70度弱ですものね。
 
(もちろん欧米系のがっちりしたお父さんやおば様たち限定ですが。)
 
私たちはコートを手に持って、セーターで歩くことに。
 
まずは時間制の路上パーキングに50分ぶんの料金を入れて、徒歩でIndependent Presbyterian Church(独立
 
長老派教会)へ向かいます。
 
1755年に前身のthe Independent Presbyterian of Savannahと呼ばれる教会が建築されたそうですが、
 
1889年に大火で焼失し、現在の建物は1891年に完成したとのこと。
5:40pm(日没)まで時間がない!ということで、そそくさと次のOwen-Thomas House and Museumへ。
 
5分程度で到着しましたが、これが何と入館時間が終わっていました・・・
 
外観も工事中のため素敵な写真がとれず、小さいお庭を格子越しに撮ってみただけに終わりました。
 
本来なら中にある1750年?1830年頃のAmerican British tasteマホガニーのアンティーク家具等が見れたのですが残念でした。
 
そして、またそそくさと南部で最も美しいと言われているThe Cathedral of Saint John the Baptist(聖ヨハネ大聖堂)へ。
 
これは大丈夫、中に入ることができました。
 
高い天井と水色をベースにした壁、たくさんのステンドグラス、大きな祭壇は圧巻です。
 

 
 
この時点で日が暮れてしまいました。
 
街頭がちらほら点灯しだした街を歩きながら、カワイイ町並みを満喫。
 
アトランタにいると歩くことがないので、かなり新鮮ではしゃいでしまいました。
 
そろそろお腹も空いてきたので、レストランはどうするのという会話に。
 
主人が外出直前に調べてきたのはフレンチだったのですが、そういえばここは生牡蠣が美味しいって聞いたよ
 
ね、という大事なことを思い出して、iPhoneのyelp!で検索したらリバーサイドにSeafoodのレストランが集まって
 
いることが判明。
 
行けばなんとかなるよね、ということで車でリバーサイドに。
 
そうするとずらーっとお店が軒を連ねているではありませんか。
 
評価の高かったRiver House Seafoodというお店に入って生牡蠣のメニューがあるか尋ねると、そこは扱っていないとのこと。
 
でもこれから一軒ずつ確認するなんてあり得ないと思い、勇気を出して生牡蠣の食べられるお店を知ってる?と聞いてみたら、隣のお店にはあるみたいとやさしくお姉さんが教えてくれたのでラッキーでした!
 
でも実際には隣のお店はちょっと人影が見えなかったので(暗かったし)、その隣の大盛況のお店に入ったら、
 
入り口に堂々と生牡蠣さんたちが氷の上に並ばされているではありませんか!
 
よーしここよ!と入店。
 

 
お味は・・・、美味しかった!です。
 
ただ、ちょっと引っかかった点は何かというと、ひとつの牡蠣がとっても小さいのです!最初一皿(1ダース)なん
 
て食べられないからhalfにしてとお願いしたけど、結局Totalで1ダースを注文してしまいました。
 
食事が終わって外に出るとやはりひんやり。
 
お店の前は大西洋へそそぐサバンナ川が流れていますが、ここは奴隷貿易の拠点のひとつだったという歴史を
 
知って、今、人間として文化的な生活を送れている自分はなんて幸せなのだと思うと共に、
 
世界にはまだまだたくさんの人たちが恵まれない環境に生きていると思うと複雑な気持ちになりました・・・
 
2011年は世界中の人たちが幸せに暮らせますように・・・
 
 
夜風に当たりながら、やっぱり甘い美味しいデザートが食べたいよね、と二人でまたまたお店を調べて、
 
ランキングで2位の徒歩9分で行けるLulu's Chocolate Barへ。
 
大晦日の夜にチョコレートケーキなんて今まで経験したことがなかったけど♪
 
こちらのケーキは大きいので二人ともカプチーノを頼んでケーキはシェアすることに。

Lulu's Chocolate Bar

肝心の名前を忘れちゃったけどchocolate cake with Cappuccino butterとか何とか・・これまた絶品でした!!!
 
甘すぎず硬すぎず、アメリカでは出会ったことがない美味しさ^^
 
それにチョコレートのコクが一味もふた味も違います。
 
というわけで、すっかりお腹が一杯になった私たちは幸せ気分でホテルへ向かったのでした。。
 
(今回はSavannahならではのオシャレなB&Bではないです、、、寝るだけなのでね)
 
明日はいよいよ初日の出編ですね。
 
 
 
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
プロフィール

Alana

Author:Alana
ご訪問ありがとうございます。
ブログを引っ越しましたので、ぜひこちらにもお越しください↓
http://alana888.blogspot.com/
~~~~~~~~~~~~~~~~~
・Grobal Soap Project
石鹸で手を洗えれば年間140万人の命が救われ、五歳以下の子供の肺炎のリスクを50%減らせます。何もしなければ毎日260万個破棄される石鹸を命を救う手段にできるって素敵だと思いませんか?
アトランタ在住Our Hero Derreckさんからのメッセージはコチラから↓
Global Soap Project




尚、このサイトは個人の趣味であり誤記のないよう努力しておりますが、内容の正確性等をはじめ一切の責任を追いかねますのでご了承下さいませ。

また、頂いたコメントは承認制のためアップに少々時間がかかります。
メールをご希望の方は、コメント欄にその旨とご連絡先をお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。