スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高!ブライスキャニオン国立公園

本日もグランドサークル&セドナ旅行の2日目後半と3日目前半を書きます。
今回はブライスキャニオン国立公園についてです。


ザイオン国立公園→ブライスキャニオン国立公園: 
UT-9E/Zion Canyon Scenic Dr/Zion Park Blvdを東に進み、
途中でUT-89N/State Stに入ります。
(当然ですがNはNorthの意。アメリカはNorth Bound, South Bound,East, Westという表示のどれかになるのでとても分かりやすいです。)
最終的にUT-12E、UT-63Sを経て到着。約85.4マイル、1時間56分。


2:00pm ブライスキャニオンへ向けてザイオンを出発!



Zion Canyon Scenic Dr

Senic Driveとは風光明媚なドライブコースという意味で、
場所に近づいてくるときちんと道路標識が出てきます。
気になるところ全部で車を停めていたら本当に疲れますし、所要時間の1.5倍はかかります(笑)



122.jpg

迫り来る岸壁に圧倒されそうです。思わず吸い込まれそうになるのでドライブは要注意(!?)です。
カナディアンロッキーの迫力とは全然違って、大きさはさほどでもありませんが麓を走る分、非常に圧迫感があります。




126.jpg


130.jpg


132.jpg

これらはもしかするとUT-89の景色かな!?どちらにしてもブライスキャニオンにいくまでの道程です。
とにかく素晴らしい眺望です~♪
ピンクと黄色に見える岩肌、なんて美しいのでしょうか!


Hotel

DSC07252.jpg

4:30pm  予定より30分ほど遅れて、この日の宿泊地にまずはチェックイン。
      チェーン店ですが、ロビーが山小屋風で気分出ます~♪

Best Western Bryce Canyon Grand Hotel
30 North 100 East Bryce Canyon City, UT 84764





Bryce Canyon National Park

雪と氷が作り上げたピンク色のフードゥーが立ち並ぶ円形劇場!



DSC07193.jpg


まずはサンセットポイントに到着~♪
わぉ!目の前にはみたことのない景色が!!

と、ところが、、
見とれている間もなく、「日本の方デスカ?」と声が・・・
なんでも日本に住んでいたことのあるアメリカ人男性。

まぁ、ここまではよくあるパターンなのですが、、
日本のどこに住んでいたのか聞いてみたら、なんと「仙台にいたんです」とのご回答!
やっぱりご縁ていうのはあるんですね~。一気に親近感!!!
まさブライスキャニオンのど真ん中で仙台の話をすることになるとは!
以前も書きましたが私は仙台出身で、両親その他親戚が今もたくさん住んでいるんです♪
その男性はモルモン教の教えを広めるために2年ほど住んでいたそうです。

またココで豆知識ですが、ユタ州はモルモン教の総本山があることで有名です。
私はシャーロック・ホームズの小説『緋色の研究』で知ったんです。
(内容の正否は知りません、あくまで物語として)
今オバマさんと大統領選を争っている共和党のロムニーさんもモルモン教徒ですね。

その方ともっともっと話したかったんですが、
私たちも日が暮れる前にトレッキングを終えなければならなかったので、あまり詳しい話はしませんでした。
後悔してます。





DSC07196.jpg

さぁ、とうとう、
サンセットポイントに車を停めて、Navajo Trail(Navajo Loop)を歩き始めます!
見てください、人があんな小さく写っています・・・




174.jpg

一番下まで降りてきましたっ!
ここまでは意外とすぐです。本当はこれからが楽しいトレッキングなんですが、
夕日を上から見るために早々に切り上げてまた来た道を登ることに・・・
これが結構辛かったです~・・・


そして、いざ、ブライスポイントにて夕日!のはずでしたが、雲が多かったので省略して(笑)


Restaurant

DSC07243.jpg

DSC07245.jpg

公園を出るとそこはBryce Canyon City
この辺りに数軒しかないレストランのうちの一軒。ホテルにも歩いて帰れます。

Ruby's Inn Restaurant
26 So Main, Bryce Canyon City, Utah 84764

20人以上並んで座って待っていましたが、ちゃんとお食事にありつけました♪
期待していなかったということもあるのか(失礼ですね!?)、とっても美味しかったです!!!
この横にお店が併設されていて、洋服からキャンピンググッズ、食料品まで何でも揃っているので心配ありません。
Gas Stationももちろんあります。


DSC07249.jpg

かわいいパッケージのlip balmを思わず買っちゃいました♪




Bryce Canyon

そして翌朝5:15am。
ホテルを出発し15分でブライスポイントに・・・
レンジャーに前日教えてもらっていたとおり、サンライズポイントではなくブライスポイントです♪♪♪
絶対に一番綺麗なところを見逃したくなくて、レンジャー2人に同じ質問をしちゃったんです。



258.jpg

着いたら誰もまだいませんでした。
冷たくて強い風がゴォーと響き、薄暗いこの景色を見たときは思わず鳥肌が立ちました・・・
ガイドブックに「亡霊たちの野外劇場」という表現がありましたが、言い得て妙です!





270.jpg

静かに朝日が昇るのを待ちます・・・







272.jpg

どんどん色付いてきます・・・






303.jpg

オーロラのような現象まで・・・







325.jpg

もう言葉がありません・・・





321.jpg

心が綺麗に澄んだ瞬間でした・・・




と、書きたかったんですが、実はこの一番素晴らしい瞬間に私は別のところにいたんです・・・・
ブライスポイントには6人ぐらいしか人がいなかったので、「もしややっぱりサンライズポイントがいいのでは!?」という邪念が再度湧き出てきて、夫に「後悔しないためにサンライズポイントにも一人で行って来たら?」と言われたことも大きく私を突き動かし、一人暗闇で車を飛ばしていたところでした・・・
行ってみてみて、やっぱりレンジャーが正しいと納得いたしました(泣)





DSC07284.jpg

確かに綺麗なサンライズポイントからの朝日・・・
でも思いっきり逆光になるので、朝日に照らされたフードゥーを撮影することはできません。。。
綺麗な朝日自体をご覧になりたい方はこのサンライズポイントをオススメします。
ここは非常に多くの人たちで賑わっていました。




Map

国立公園内の地図はこちらから。
http://www.nps.gov/common/commonspot/customcf/apps/maps/showmap.cfm?alphacode=brca&parkname=Bryce%20Canyon



かなり長くなりましたのでこの辺で・・・おやすみなさい☆





復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



いつも読んで頂き有難うございます♪
ぜひぽちっと押して頂けたら元気が出ます
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ザイオン国立公園

今日もグランドサークル&セドナ旅行について書きます。
2日目前半のザイオン国立公園についてです。

ラスベガス→ザイオン国立公園 :I-15を北東に 約166マイル/2時間30-50分

5:00am 起床。
5:50am Bellagioをチェックアウトして、車で向かいのWalgreensへ。朝食とお水500mlを12本購入。
      しかしWalgreensの前は車が停められないようになっていたので、角を曲がったところに停めました。
6:00am ラスベガス 発。
9:30am ザイオン国立公園 着。 (ネバダ州とユタ州は時差+1時間のため)



Zion National Park

グランドキャニオンと並んで最も古い公園の一つだそうです。
雨が降るたびに500m~1000mの壁に無数の滝が現れるそうで、
間を流れるバージン川のお陰もあり緑豊かで鳥(290種類)や哺乳類(75種類)たちがたくさん住んでいるそうです。


065.jpg

West TemlpeTower of the Virgin
(肝心の右端が写っていませんね。)
素晴らしい晴天!!!
でも写真ではこの大迫力が伝わらない・・・カモですね。
ここは、ビジターセンターすぐ隣にあるMuseum前で降りその裏です。(私たち以外誰も降りませんでしたが)
写真を撮るには明け方、午前がベスト。






071.jpg

司教の宮殿(Three Patriarchs)
ここはCourt of Patriarchsで降ります。
写真を撮るには明け方、午前がベスト。





087.jpg

Lower Emerald Pool Trailから見た清々しい山々。
車内で用意しておいたスポーツドリンクをそれぞれ持って、今回初のトレッキングです~!
超優しいコースらしくお母さんたちベビーカーも連れて来てます。子供たちもどんどんやって来ます。
でも侮るなかれ。暑さが厳しいので意外とバテます。
行くときにしゃがみこんでいた見知らぬ40代ぐらいのお父さん、
眩暈がして歩けないとのことで、レンジャーが数人でタンカーを運んで迎えに行くところに遭遇しました。
大事に至らなかったといいのですが・・・





DSC07166.jpg

途中にはこんな滝にも出会えます。
この日は水量が少なくミスト状ですごく涼しく気持ちよかったです。
みんなココで一休み・・・してましたが、何とこの先が通行止めになっていて全員引き返しました。
私は既に体力の限界に来ていたので助かったけど(笑)
全部で30~40分位しか歩いてないかな?





DSC07160.jpg

短いトレッキングの後、こんな芝生でお昼寝してたいね~と早くもお疲れモードでしたが、
ここでハンバーガーの昼食を素早くとり、次の予定があるためそそくさと公園内終点行きのバスに乗り込みます。



と、ところが雲行きが怪しい!
あんなに晴天だったのに・・・





DSC07191.jpg

あっという間に雨に・・・
な、なんとバスの運転手さんがアナウンス。



「え~、本日は75日ぶりの雨です。」


あの~いるんですよ~。、私の隣に、雨男が・・・
まさかこんな影響力があるとは・・・な~んて(笑)
そんなこんなで、一気に気温が下がり本当にほっと致しました。これぞ恵みの雨ですね!
でも雨に濡れてしまった人たちはブルブル震えていて気の毒でした。。。
風邪を引かなかったらいいのですが。

終点のTemple of Shinawavaで降りましたが、
雨が強くなってきたので、みんなバス停の屋根の下で雨宿りしてました。
Narrowsという川の中を歩くトレッキングが素晴らしいとのことだったので、
ちょっとでも見てみたいと思っていましたが、
雨になると濁流になって逃げる場所がないから危険とあったので、止めました。
でも次から次に人は雨を気にせずそちらのほうに歩いていっていました・・・どういうこと!?

NarrowsをトレッキングなさったYoshiさんのブログはこちらです。→ アトランタ日記
素晴らしい絶景の数々なので是非ご覧ください♪
ウラヤマシイ~!けど、、頑張って歩いた方にだけ与えられる特権ですね。
ここを登ってこそのザイオンでしょうか!?!






DSC07181.jpg

最後に、、ザイオン国立公園は一般車両の乗り入れが規制されています。
そのため、ビジターセンターで車を停めて、そこから無料の園内シャトルで移動することになります。
5分~7分ぐらいの間隔でバスが来るので困ることはありません。
(ただし、園内のホテルに泊まる方はホテルまでは車で入れるようです。)



Ticket

Zion国立公園の入場料は1台$25(7日間有効)なので、
複数のNational Parkに行かれる方は場合によってAnnual Pass $80を購入したほうがお得かもしれません。



Map

公園内Mapはコチラから。
http://www.nps.gov/common/commonspot/customcf/apps/maps/showmap.cfm?alphacode=zion&parkname=Zion



Nearest Town

Springdaleというすごく小さな町がZionのSouth entrance手前にあります。
通過しただけですが、Gas Stationやちょっとしたレストランなどはあるようです。



ザイオンは緑豊かで自然が一杯で癒されました~~~!
これからは岩山ばかり続きますので、緑とお別れと思うと何だかとても寂しくなりました。

そしてこの日の午後、Bryce Canyon National Parkへと向かいました。
鳥肌が立つ絶景に遭遇しましたが、長くなるので今日は一旦この辺にしておきます!!!
読んで頂きありがとうございました♪







復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



いつも読んで頂き有難うございます♪
ぜひぽちっと押して頂けたら元気が出ます
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

グランドサークル&セドナの旅: ラスベガス編

まずは今回の旅の出発地であるLas Vegas(ネバダ州)から書きたいと思いま~す!



Airport & Rent-a-car

DSC07079.jpg

アトランタからラスベガスへ近づいてきたときの写真↑

McCarran International Airport
5757 Wayne Newton Boulevard Las Vegas, Nevada

アトランタからは直行便の飛行機で4時間、時差はマイナス3時間(PDT)です。
グランドサークルを巡る場合、
その他にもアリゾナ州Phoenixを発着地とされる方、
ユタ州Salt Lake Cityから入られる方もいるのではと思います。
3PM頃に着陸した後、空港内の案内に従って、無料のシャトルバスで空港敷地外のレンタカーセンターへ。


McCarran Rent-a-Car Center
7135 Gilespie St
Las Vegas, NV 89119
http://www.yelp.com/biz/mccarran-rent-a-car-center-las-vegas

ここはすごくシステマティックで何も迷うことはありません。
あらゆるレンタカー会社がこのビルに入っています。
そして私たちが予約していたレンタカー会社enterpriseへ。
今回は移動距離が長いのでNissanのMuranoにその場でアップグレードすることにしました。





Hotel

DSC07103 (2)

DSC07089 (2)

Bellagio
3600 Las Vegas Blvd. South.
Las Vegas, NV 89109


4:30PM頃 ホテル到着。
お部屋は改装直後よラッキーねと言われました。
ちょっとポップな感じになってる!?
残念ながら夜の噴水ショーは今回は見ていません。
ロマンチックですよね~♪
そうそうParkingがFreeとは知りませんでした。



Shopping

翌日に向けてとりあえず部屋でゆっくりしようと思ったら!
洗顔フォーム+メイク落としを忘れてきたことが発覚・・・
いつも何かを必ず忘れる私・・・
面倒とは思いながらもBellagioの前のPlanet Hollywood内にあるSephoraThe Body Shopを見たけど気に入ったものがなくて、すぐ隣のWalgreens(アメリカのメジャーなドラッグストア)へ買出しに・・・
「いつも旅行が買い物から始まる・・・」と静かに呆れる夫。
それはそれとして、このWalgreens、2年前にここにはなかった気がします。
すごく広々としていて綺麗~♪
お水やお酒、サンドウィッチ、もちろんお土産なども売っているのでとっても便利です。
ここで次の日の早朝、車で食べる朝食や持ち歩く水を買うことにしました。




Main event

DSC07121.jpg

DSC07128.jpg

クリックしたら映像が始まります↓
http://www.cirquedusoleil.com/en/shows/o/default.aspx?splash=http://www.cirquedusoleil.com/en/shows/o/media/official-video.aspx


今回は・・・はい、
シルクドソレイユの"O"を観てきました~~~♪♪♪
シュールレアリズム、不思議な世界に存分に引き込まれてきました!!!
もうもう一回なんていうものではなく、何度でも観たいです!
"KA"とは全く雰囲気が違います。
どちらも甲乙つけがたいですが、夫はどちらかと言えばストーリー性のあるKA(トランポリンで壁をつたうパフォーマンスがある)、私はOが好みです。さすが一番と言われているのも納得です。世界の縮図のような感じでしょうか。広いステージ上にいくつもの違ったパフォーマンスを同時に演じているので、いくつ目が合っても追いつかないです。

シュールレアリズムで小さい子には理解しがたいものがあるかもしれませんが(!?)、わかりやすいキャラクターもいて、私の斜め後ろの席の子はそのキャラクターが出るとケラケラずっと笑っていました。それもまた可愛かったですね。
今や日本、世界中で観ることができるシルクドソレイユ。
アトランタに"OVO"が来たときも観たんですが(常設ではない)、やっぱりプールを含めた舞台装置のスケール感と圧倒的な技術力に支えられたOの迫力は最高ですね。


今回は同じホテル内なので移動がなくて楽でした。そのためにここを選んだのですが。
ご存知の通り、真夏のラスベガスはカッラカラに乾いた104度(約摂氏40度)位のため、
外に出ただけで肺まで熱くなって一瞬にして体力がなくなってしまいます。
(って私だけ・・・?)




Casino

Oの後、ホテル内のカジノで一儲けしてこれからの旅行の足しにしようと思いまして、
一人そそくさとスロットマシン選び(笑)

5分程で$20→$131に増やしました~。
本当は$500ぐらい欲しかったのですが(!)、それでも小額ながらもお小遣いが増えてラッキー♪
スロットマシンの見極めがポイントなんですよね。なーんてこれくらいで偉そうですね...
でも私は損しなければそれでいいという超守りのスタンスなので十分満足です。
人間がいかに小さいかわかりますね。

私が好きなのは、3×6ぐらいかそれ以上のマスがあるスロットマシンです。
それを5ラインとか15ライン、25ラインなどで選ぶと確率が高まる気がします。
一回ちょっといいのに当たるとボーナスとして10回ぐらい連続して勝手にマシンが動くんですが、
そうするとまた勝手に当たっていくんです(笑)

もっと続けたかったんですが、途中で知らないおじさんが「こんな小さな額じゃなくて大きく稼げるからコッチにおいで~♪」、と自分の稼いだ合計10,000ドルの紙をチラチラ見せてきたので中断してしまいました。
でもそれがきっと良かったんだと思います。これ以上やっていたら損していたんでしょう。

ちなみに、夫は明朝早いから先に部屋に帰ると言っておきながら、実は一人こっそりカジノに立寄り、
さっさと負けて部屋に帰ったみたいです・・・
むふふ。ちょっと可哀想でした。


さぁ、気分よく(私だけ)、翌朝から大自然を巡る旅が始まるのでした~~~!






復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



ぽちっと押して頂けたら元気が出ます
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

グランドサークル&セドナの旅: 準備編

6泊7日でグランドサークル+セドナの旅に行ってきました。
走行距離1600マイル(2575キロ)、頑張りました!そして楽しんできました!
というわけで、アトランタのことではありませんが、しばしお付き合いください♪

(アトランタから車で行けない旅行の記事は普段載せないようにしてますが、
やっぱりせっかく自分で調べたことを載せずにその詳細を自分自身が忘れてしまったことを最近とっても後悔しているので、載せることにします!)




グランドサークルとはユタ州、アリゾナ州に跨るレイクパウエルを中心にし、
半径230キロの円に含まれる地域を呼ぶそうです。
そこにたくさんの国立公園や風光明媚なエリアがあります。
セドナはグランドサークルには基本的に入らないようですね。
私たちは以下の場所をレンタカーで時計回りに移動しながら満喫してきました♪

1.ラスベガス
2.ザイオン国立公園   (巨岩に見守られた箱庭、緑あふれた渓谷)
3.ブライスキャニオン   (亡霊たちの野外劇場)
4.キャピトルリーフ    (グランドサークルの背骨)
5.アーチーズ      (丘の上の自然彫刻美術館)
6.モニュメントバレー   (アメリカ西部の原風景)
7.アンテロープキャニオン (水流の渦を刻んだ洞窟、オシャレな雑誌にも結構掲載)
8.グランドキャニオン   (いわずと知れた世界遺産)
9.セドナ        (いわずと知れたパワースポット)
10.ラスベガス

ここでお気づきの方、いらっしゃると思いますが、日程は6泊です!
どうみても日程が足りません。
つまり1日もその場所にいられないというなんとも過酷な日程なわけです(汗)
友人から借りた本にもこの日程の場合セドナは入っていませんでした。
でもまた次の機会に~なんて悠長なことも言っていられず絶対どこも外したくないという二人の希望で行って来ました。


さて、持ち物についてです。


まず、今回の目的の一つにトレッキングを楽しもうというのがありました。(普段運動してないのに)
そのため、準備したものはまず、
トレッキングシューズ!!!
私、何でも形から入るタイプであります。
アメリカでトレッキングシューズと言ったら、Merrellでしょう。ということで、
The ForumというNorcrossにあるモールにお出かけ♪
ジョージア州ではMerrellの直営店はここ一店舗だけだそうです。






IMG_1183.jpg

一週間で一気に汚れてしまった靴たち↑


夫はPhoenix mid Waterproof、私はMoab Waterproofにしました。
一度Moab Ventilator(通気性抜群、乾燥地帯用)を買ったのですが、
やっぱり今回だけ使うわけじゃないので雨にも強いほうがいいよね、という欲張り精神が働き取り替えてもらいました(汗)
試し履きの時はVentilatorのほうがやっぱり軽くて履きやすかったんですけどね。

でも買って正解でした!!!
歩いてもそんなに疲れなかったし、どんな坂を下りても滑りません。
そして何より赤土と赤砂で相当汚れます。
綺麗な白いスニーカーなんて履いていったら一瞬で終わりですので、
オシャレしていかなきゃ落ち着かないと仰る方、どうぞお気をつけください!
まあちゃんとしたトレッキングはせずに、観光だけだったらもちろんサンダルもたくさんいました。
(って、私も日程がハード過ぎて結局そんなにトレッキングしなかったんですけど・・・ハイキング?はたまたお散歩??)
ビーサンではなくてMerrellやスポーツブランドの比較的歩きやすいサンダルだと思いますが、
砂ですごく足が汚くなるんじゃないでしょうか。気にしないのかな。。。
詳細は各回でコメントします。



ちなみに、REI(アウトドア用品のショップ)に行きましたが、Merrellの種類はそんなに多くなくてKeenのほうが多かったです。
Sports Authority(スポーツ用品店)にも行きましたが気に入ったものはありませんでした。
MerrellのアウトレットショップはNorth Georgia Premium Outletにありますが、
もちろん最新のものはありません。




そうそう、次に重要なのが地図です。
AAAの会員なので事前にネットでこのあたりの地図をオーダー(無料)しておきました。
(ネットでオーダーすると配達に最長1ヶ月かかると出てきますが、大体数日~1週間で私の場合届きます。)
ナビもあるので紙の地図はなくても大丈夫といえば大丈夫ですが、
全体の雰囲気を一度に見るときに便利ですのであるといいと思います。

特に車での移動中は電波がとても悪く(私はAT&Tですが)、ネットが繋がらないためiPhoneなども活躍しません。
前もってダウンロードしておけばいいかもしれませんが。
何かいい方法がありましたら是非教えてください^^



以下が、私が今回旅行に持っていったものの主なリストです。
このあたりは朝と日中の寒暖の差が激しいので荷物も結構多くなります・・・
それにラスベガスからアトランタに帰るときの夜間の機内が超寒いです!(Delta)
これは前回学んだことなので、今回は完全装備であります。

着替え 日数分
リゾート用ワンピース 1枚
ルームウェア 数枚
薄手のストール 1枚
薄手のはおりもの 1枚
厚手のはおりもの 1枚
防水っぽい薄手のジャケット 1枚

スニーカー(運転用や普段履き) 1足
トレッキングシューズ 1足
ビーチサンダル 1足
ヒールのサンダル(歩きやすいもの)1足

リュックサック(夫のみ)
帽子
サングラス
ドライブ用手袋
虫除け
日焼け止め
薬類
トレッキング用の水筒 2本 

カメラ
充電器
車のナビ
地図


などなど・・・
では次回からは実際の旅行のことを書きたいと思います。


それにしても、一週間留守にしていたら、お気に入りの紫のペチュニアが無残に枯れてしまっていて悲しいです・・・
そしてTOEFLと米国秘書検定の課題の山々・・・
頑張りま~す♪







復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



ぽちっと押して頂けたら元気が出ます
にほんブログ村 海外生活ブログ アトランタ情報へ

Charlestonの旅 その3: 街並み

本日はようやく街並みの写真をアップします(笑)

初めて行く場所に着くと、
「どこに何があるかてっとりばやく誰かに教えてほしい!」
という衝動に駆られるのは私だけでしょうか。。

いっそのこと自分で何も調べないで行き当たりばったり、ふらふら~っと散策ということに憧れるのですが、
なかなか私にはそれが難しいです。
現地のホテルやインフォメーションセンターには地図が置いてあるのでそれを見ればいいと思いますが、
現地で調べてる時間ももったいなく感じてしまいます。


アトランタ在住の方なら誰しも行ったことがあると思われる街ですが、
日本にお住まいの方やこれから~という方もいらっしゃると思うので、
私が行ってみた基本的なところ!?をピックアップします。


The Battery
21 East Battery
Charleston , SC
29401
※この住所は1825年に建てられたEdmondston-Alston Houseの住所です。

South Battery StreetとEast Battery Street沿いに建ち並ぶ豪邸街です。
建築はAntebellum architectureと呼ばれるそうです。
これはラテン語で、英語でいうところのbefore warという意味だそうです。



DSC06867.jpg

ずら~っと続くこの白い通りは圧巻です!


DSC06870.jpg



DSC06875.jpg



DSC06877.jpg




DSC06878.jpg




DSC06879.jpg



夕闇、夜はまた昼間の雰囲気と違って、ちょっと怖~い感じもします。
実際に、ホラーツアーもかなり人気のようで歩いていると次から次に2人乗りや大人数の乗った馬車とすれ違います。


DSC06698.jpg




DSC06705.jpg




DSC06706.jpg



DSC06694.jpg



ここからはそのSouth Batteryと直角に交わる通りにあるRainbow Rowの写真です。


Rainbow Row
83-107 East Bay Street,
Downtown Charleston

海岸沿いのEast Bay Streetに沿って、
Rainbow Rowという名前のとおりパステルカラーの七色の建物が立ち並んでいます♪
どれも1700年代半ばのものだそうです。


DSC06832.jpg



DSC06834.jpg



DSC06844.jpg


やっぱりピンクの建物はかわいい~~~♪


DSC06853.jpg



こちらはRainbow Row近くにあるコロニアル調のThe Old Exchange & Provost Dungeon(旧商品取引所)。


DSC06829.jpg

なんとここの若いかわいいガイドさん、私たちが日本人だと知ったら今年の秋から日本に留学予定だと教えてくれました。
大学名を聞いたらまさに夫の母校でした。大分昔の話ですけど。
チャールストンでの偶然の出会い、不思議ですね~。
なのに、結局中には入らず入り口でバイバイしたのでした(笑)
二人とも疲れ切っていたため説明を聞いても頭には入らないと判断しました・・・



DSC06903.jpg

お茶したbakehouse Charleston
160 E Bay St
Charleston, SC 29401

アイスラテ美味しかったです~!救われました・・・



DSC06894.jpg

街中には白い大きな柱がある建物ばかり!!!



DSC06825.jpg

サウスカロライナの州旗にあるパームツリーが町中に溢れています。




DSC06897.jpg


これはアフリカから伝わった伝統的な民芸品。
sweetgrass, black rush, palm leaves, longleaf Pineでできています。
道端で売られています!



というわけで、他にもマグノリアプランテーションに行ったり、色々しました!


DSC06768.jpg

Magnolia Plantation & Gardens
3550 Ashley River Road | Charleston, SC 29414

1676にThe Drayton familyによって造られたプランテーション。
この白い橋のある風景は有名らしく、
南部を代表するとしてさまざまなカレンダーやポスター等で使われているそうです。

(6/15追記) ここはBoone Hall Plantation と違って、プランテーションハウス内ツアーやボートツアーなどはオプションです。入場料とは別にエントランスで申し込んで料金を支払う必要があります。
そして、このプランテーションから車で3分位のところにDrayton家のDrayton Hall(アメリカで最も古くて高級なコロニアル調の邸宅の一つだそう)があるのですが、そことのコンボチケットもあります。




さぁ、楽しんだ後は約5時間の移動が待っています。
往復とも夫は車中でPCと睨み合いながら仕事をしていたので、基本的に運転は私が担当。
二人とも何だかクタクタだったけど、チャールストンにいる間は美味しい食事と風景に癒されて素敵な週末でした♪♪♪




復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



よかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
プロフィール

Alana

Author:Alana
ご訪問ありがとうございます。
ブログを引っ越しましたので、ぜひこちらにもお越しください↓
http://alana888.blogspot.com/
~~~~~~~~~~~~~~~~~
・Grobal Soap Project
石鹸で手を洗えれば年間140万人の命が救われ、五歳以下の子供の肺炎のリスクを50%減らせます。何もしなければ毎日260万個破棄される石鹸を命を救う手段にできるって素敵だと思いませんか?
アトランタ在住Our Hero Derreckさんからのメッセージはコチラから↓
Global Soap Project




尚、このサイトは個人の趣味であり誤記のないよう努力しておりますが、内容の正確性等をはじめ一切の責任を追いかねますのでご了承下さいませ。

また、頂いたコメントは承認制のためアップに少々時間がかかります。
メールをご希望の方は、コメント欄にその旨とご連絡先をお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。