スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Wren's Nest :African-Americanの口頭伝承を基に・・・

先日、The Wren's Nestに行って来ました。
ここは、African-Americanの口頭伝承を単行本に作り変えたことで知られるジャーナリスト、作家、民族学者であるJoel Chandler Harris(1945~1908)が1881年から1908年まで過ごした家で、現在は記念館として一般に公開されています。





Wrens Nest

大きな木々に囲まれた綺麗な家でした。






Wrens Nest2

あんなに調べて行ったのに、すでに営業時間が終了して看板をしまうところでした・・・
スタッフの方が親切で短時間で中を見学させて頂けました。
土曜日の1pmからストーリーテリングをしているので、次回はこれに間に合うように行きたいと思います。




Piano.jpg

彼のピアノ。




gift.jpg

セオドア・ルーズベルトから贈られた剥製。
他にもアンドリュー・カーネギー等とも親交があったとのこと。



元来、The Brer Rabbit storiesはアフリカの昔話(伝説、伝承)だったのですが、
それを奴隷としてプランテーションで働かされていた人たちが語り継ぎ、
時代の変化や環境によって進化していきました。

その物語は南部のプランテーションに急速に広まり、
Alcée FortierやRobert Roosevelt等のの好奇心をそそるようになったそうです。
彼らは最終的にその物語を録音しています。


ただ、その中でもJoel Chandler Harrisの作品が最も人気を集めました。
彼は4年間のプランテーションでの労働の間の経験に基づいて架空のUncle Remusというおじさんを作り、
そのおじさんが口頭伝承であるそのBrer Rabbitの話を子供たちに聞かせるというスタイルの"Uncle Remus: His songs and His sayings"(「リーマスおじさんのお話」)を単行本化したのです。(最初は新聞連載用)
このUncle Remusというおじさんこそ、アメリカ文学において最初のAfrican American characterの一人になったのだそうで、40以上の言語に翻訳されています。



uncle remus








ちなみに、このHarrisの"Uncle Remus:His songs and His sayings"をもとにディズニーが実写とアニメを合成して作った初の実写長編映画が、「南部の唄」"SONG OF THE SOUTH"です。





この物語も黒人のおじさんが白人の男の子に物語を聞かせるという設定なのですが、
それがあまりにも楽しげで、その当時の過酷な状況とあまりにもかけ離れているという理由で全米黒人地位向上協会(NACCP)のクレームを受け、1986年以降ディズニーはこの映画をあくまでも自主規制として封印しているそうです。
ディズニーランドのスプラッシュマウンテンが問題にならないのは、「南部の唄」をアトラクションにしているわけではなく、原作であるHarrisの「リーマスおじさんのお話」をテーマとしているからとのことです。
詳しく知りたい方はこちらへ → LD DVD & Blu-ray Gallery


さて、話をHarrisのことに戻しますが、
194以上もの口頭伝承を集めてそれらを後世に残した彼の業績は素晴らしいと思います。
もっと色々書きたいですが、長くなるのでこのへんで・・・。





The Wren's Nest

1050 Ralph David Abernathy Blvd. SW
Atlanta, GA 30310

この敷地内は本当に平和な感じですが、このWest Endエリアは一歩敷地を出るとけっこう雰囲気が・・・
慣れてない方は公共交通機関ではなく車をオススメします。







復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



ポイントになるので是非ともポチッとお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マスターズ観戦の思い出

あっという間に一週間以上ご無沙汰してしまいました。
時間の使い方があまり上手くなくて、そんな自分にちょっと疲れ気味といったところでしょうか・・・

せっかく盛り上がっていたマスターズ観戦も次回といいつつ、すっかり季節はメジャーリーグに!
本日、今年初の応援にターナーフィールドに行ってきましたが、それは置いておいてマスターズのまとめを(><)



Parking.jpg


ハイウェイI-20をExit199で降りると、町はもうマスターズ一色。
両側に臨時パーキング(有料:遠いと10ドル、近くなると20ドル前後)や、ダフ屋さんなどが並んでおります。
チケットを持っていなかった私たちはもともと個人から買う予定で行ったのですが、試しに幾らで売っているのかダフ屋に立ち寄って聞いてみたら、なんと700ドル(もちろん1枚)と言われました(笑)
Practice Roundのお昼過ぎでこの値段です。
もちろん買わずにまっすぐAugusta National Golf Club (2604 Washington Road Augusta, GA)へ。

案内は道路に出ていますが、いったん通り過ぎてしまってすぐUターン。
写真の通り、AからD?位まで近い順に無料のパーキングが用意してありました。
Aはプレス関係専用で、私たちはC19だったかな・・・?
ここが意外に出るときにすごく楽でした♪







Entrance1.jpg

エントランス前のお客さんたち。
みんな、チケットを譲ってもらおうとウロウロしてます^^


追記:
でもここは会場から820メートル以内、
州の法律では会場から2700フィート(約820メートル)以内でのダフ屋行為が禁止されているそうです!
くれぐれもご注意を!!!
新聞によれば35名ほどが逮捕されたとのことです。。恐ろしい・・・
教えてくださった方、有難うございます~m(_ _)m






Entrance2.jpg

早々と練習ラウンドから帰ってくるパトロンたち。
携帯は持ち込みできないので、最初から車においてくるに限ります。
なぜならゲートで預けると帰りがそのピックアップで長蛇の行列になります・・・
バッグもサイズなどが限定されているのでウェブサイトで事前に要チェックです。







Gate.jpg


このゲートでチケットを見せますーー。
そして、セキュリティチェックを受けます。





晴れて入場♪♪♪

この後は、もうあまりの興奮に大変でした!!!

前回アップしたとおり、一通りPer 3 Contestを観たりコースの写真を撮ったりしたので、
遅めのランチをすることに。




Lunch1.jpg

もう座るところもないくらいのパトロンたち。






Lunch2.jpg
長蛇の列に並んで、と言っても時間的には10~15分くらい?
ゲットしたのはマスターズのマーク入りのサンドウィッチやポテトチップスなどなど
ここでしか手に入らないと思うと食べるのももったいなかったデス。

その後はお土産を買おうとShopへ・・・
そこがまた大混雑!!!
でも諦めずに最初に買っておいてよかった・・・

というのは、夕方4時ぐらいに大雨で練習が中止となり、会場も閉鎖することに。
もちろんShopもお客さんを締め出しにかかって二度と入ることはできなかったのでした。
少しでも買っておいて本当によかったです(泣)



最後に、今年優勝したBubba Watson♪♪♪



Bubba Watson


まさか彼が優勝するなんて思わなかったので、(というか知らなかったんです)
2度のサドンデスをアトランタのゴルフ場のTVで観ていたときは心臓が爆発しそうでした!!!

そして、それまでクールだった彼が、優勝を決めた途端泣きじゃくった姿を見たときには私まで涙が・・・
本当におめでとう!!!!


近くで観る事ができて、本当にラッキーでした!
また来年も行きたいです







復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



ポイントになるので是非ともポチッとお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

現代アート♪ High Museum

MidtownにあるHigh Museumに先週木曜日友達と行ってきました。
毎週木曜日の4pm-8pmは入館料が半額なのです。


いまの展示は、

Picasso to Warhol
KAWS : DOWN TIME
The Art of Golf

などなど・・・

基本的にはPicasso to Warhol展が目当てでしたが、
巨匠たちの作品は、どれも当然のごとく圧巻でした!
PicassoのGirl before a Mirrorも、MatisseのDance(Ⅰ)も、PietのTrafalgar Squareも、そしてWarholのSelf-Portraitも・・・


でもBrian Donnelly,KAWSの作品がすごかった!
いや~、やっぱり現代アートに定期的に触れないとダメですね!!!
すごく刺激を受けてきました。
脳が活性化されるというか、エネルギーをもらえました。











DSC06230.jpg

入り口前の巨大オブジェ Companion, 2010





DSC06233.jpg






とにかく刺激的でした。
肝心の写真がありませんが!!!!
彼はたくさんの日本人ともコラボしてるのですね。エイプとかコムデギャルソンとか。

RANCHO COCOAさんのブログ →彼の作品をもっと載せてます!
彼のブログ KAWSONE  → 更新されてませんが、村上隆やNIGOとの写真が載ってました。
彼をインタビューした記事 → New York Times 〝The KAWS Effect"









DSC06229.jpg


やっぱり友達と作品について感想を言い合えるのがいいですよね)^o^(
また近々ゆっくり行きたいと思います。
ArtClixはその作品を音声で解説してもらえて本当に便利でした。
事前にもしくはその場でダウンロードすればOK




The High Museum of Art
1280 Peachtree Street, N.E.
Atlanta, GA 30309



追記:
駐車場は美術館指定だと時間によっては15ドル(?)とお高めなので、私は徒歩3分位の3ドルパーキングを愛用中。
13th Streetに屋外駐車場がけっこうありますが、West Peachtree St NWとの角が一番安いかな。
支払い方法はかなり原始的で、入り口に小さな窓がたくさん付いているボックス(各駐車スペースの番号が書いてある)があるので、自分の番号のところに、綺麗に1ドル紙幣を指示絵の通りに折って一枚ずつ入れて押し込みます。
チェックしている人を見たことがありますが、基本無人でしょうか!? 
↑気になる方は避けてください…保障できません。
他にいいところがあれば是非教えてください^^








復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



ポチッとお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

世界最大級の巨大絵画 サイクロラマ

アトランタには油絵で描かれた世界最大級の絵画「Cyclorama」(サイクロラマ)があり、
それが飾られているのがこちらです。




Cyclorama.jpg


Atlanta Cyclorama & Civil War Museum
800 Cherokee Ave. S.E. Atlanta, GA 30315
Located in historic Grant Park, next to Zoo Atlanta


ヨーロッパの画家によって、120年以上前に描かれた巨大なパノラマの油絵で、なんと、
重さ4トン、長さ約109メートル、幅約12.8メートルで、5階建てビルよりも高いそうです!



そんな大きな絵、どんな風に飾ってあると思いますか!?



なんと円形になっていて、回転する座席に座りながら鑑賞するんです。



描かれているのは1864年7月22日に起きた「アトランタの戦い」。
この戦いによる当時の死者、負傷者、行方不明者は、合わせて1万2千人を超えたそうです。
何も資料を見ずに超流暢に延々と説明してくれる若いガイドさんには圧倒されます!
まるで舞台俳優のようで、質問にも答えてくれます。
ツアーは2部にわかれており、最初に15分程度の映画というか映像を観たあとに、
サイクロラマの展示室に案内されます。
もちろん解説は全部英語ですが、入り口でリクエストすれば何と日本語の音声ガイドを貸し出してくれます!
(他に、フランス語、ドイツ語、スペイン語だそうです)




絵画の撮影はできませんが、入ってすぐの展示エリアは撮影OKです。



Cyclorama2.jpg

1862年4月の大列車追跡で大活躍した蒸気機関車!



ここに行けばアトランタの戦いをより深く理解できるので、歴史好きな方にはオススメ
私もすごく勉強になり行って良かったです








復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



ポチッとお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

一日飽きない♪ Atlanta History Center

Atlanta History Center(アトランタ歴史博物館)は 高級住宅街、Historic Buckheadにあり、
敷地面積は 33 acres(約40392坪)もあります。

かなり広いこちら、、一度に全部見れる体力のある方はいいですが、
私のようにかなり疲れやすい人にオススメのポイントは下記4つです。これでも結構な量!
でもすごく勉強になるし、興味深いことが一杯です。


1.南北戦争におけるアトランタの歴史と役割 
2.奴隷の生活とその開放 (Smith Family Farmと奴隷小屋)
3.南北戦争後のアトランタ発展の軌跡
4.Swan Houseの美しさ!




ではまず1.南北戦争におけるアトランタの歴史と役割についてです。

Exhibit1.jpg

1861年から1865年にかけて起こったThe Civil War(南北戦争)中に、ジョージア州では北軍(Union Army)と南軍(Confederate Army)が600もの戦闘・小戦闘を繰り広げました。
その中でもアトランタ方面対策として、
1864年7月22日に勃発したBattle of Atlanta(アトランタの戦い)について知ることができます。




Exhibit5.jpg

なぜ北軍(Union)のシャーマン将軍がアトランタを攻めたかというと、
アメリカ連合国(南軍)にとってはアトランタは大事な鉄道拠点であり、
それゆえ巨大武器庫としての役割があったからです。
方向としてはテネシー州Chattanooga方面から南東に向かって攻めてきて、Kennesaw Mountain、Marietta、そして今のI-285の内側での戦闘となりました。
というわけで、Kennesaw MountainにはNational Battlefield Parkがありますね。



DSC05944.jpg

戦いで破壊された線路。
同年9月2日のアトランタ陥落はリンカーン大統領の再選に直接影響を与え、最終的にはアメリカ合衆国の再統合と奴隷制の終わりに繋がっていったそうです。





2.奴隷の生活とその開放


DSC05948.jpg

奴隷のオークションが行われた建物。看板がちゃんとかかっていますね。
現在のFive Points駅辺りだそうです。


そしてそして、Atlanta History CenterにはSmith Family Farm(plantation-plain house)があります。
1840年代に作られた家で、もともとはアトランタの東側にあって南北戦争の戦火を逃れたものだそうです。
家と離れのキッチンは1970年の初めごろに現在の場所に移築され、歴史的建造物となっています。
残念ながら外観は撮り損ねましたので、ぜひ現地でご覧下さい・・・


それらの周りに、鍛冶屋(Blacksmith shop:このBlackは差別用語なのでsmith shopとも言う)、燻製小屋(Smokehouse)、トウモロコシ倉庫、そして奴隷小屋があります。




Exhibit3.jpg

これが奴隷が住まわされていた小屋です。
中は撮影禁止ですが、本当に簡素な造りで小さな暖炉がポツッとあるだけ。
ベッドはもちろんなく、薄っぺらいマットのような布団のようなものが直に敷いてありました。
特に冬は過酷な状況だったと思います。

一人当たりの一日の労働量例
Mowing Hay(干草刈り): one-half acre(約612坪)
Ditching(溝掘り?): 600 feet(約182.88m)

考えられないほどの労働をしても食事はわずかでした・・・






When I Was a Slave: Memoirs from the Slave Narrative Collection (Dover Thrift Editions)When I Was a Slave: Memoirs from the Slave Narrative Collection (Dover Thrift Editions)
(2002/07/01)
Dover Thrift Editions

商品詳細を見る


最近読んだ奴隷だった人たちのインタビュー実録本『When I Was a Slave』。
83~100歳前後の方たち34名が、
実名で自分が奴隷だった時(大抵10代前後)の体験を話した貴重な記録です。
方言や文法などそのまま記録してあって、まるで隣で聞いているような生々しさです。

妹(たった9ヶ月の赤ちゃん)をただ泣いたというだけでむちで打って殺されたり、
結婚したばかりの奥さんを殺されて自分に川に捨てさせたりとはっきり言って吐き気がすることばかりです。

その一方、ごくわずかではありますが、
ひどい中でもまだよいほうのMaster、Mistressの所に買われた人は、よい食べ物と暖かい手作りの洋服、快適な家を与えられたという人もいます。
その家ではむち打ちは禁止とされ、毎週日曜日の朝には子供の奴隷はお風呂に入って着替え、髪の毛を梳かしてMasterの家に朝食に出かけたそうです。
しかしそんな家でさえ、読み書きは禁止、本や新聞は許されないものでした。

北軍がプランテーションに来て、
「お前たちは自由だ」と言われた時の奴隷たちの喜びようは言うまでもありません。

しかし、プランテーションを離れても財産もなく読み書きもできない彼らは放浪するしかなく、
生活していくのには相当苦労したようです。
最終的には元のMasterのところに希望して戻った人たちもいるようですが、
多くの人たちは必死に働いて自分たちの家庭を築いたようです。

私はこの本をキング牧師生家の隣のショップで買いましたが、
Amazonでも買えるようですのでご興味のある方はご覧下さい。




3.南北戦争後のアトランタ発展の軌跡


Exhibit12.jpg

戦後、どんな風に急速にアトランタが発展していったのかわかります♪



Exhibit13.jpg

アトランタ名物のハイウェイ「スパゲッティジャンクション」。
Rapid transit・・・笑えないですね(汗)



最後に、目玉の(?)
4.Swan House です♪


Exhibit6.jpg

1928年にThe Edward H. Inman familyのために建てられたSwan House。
Inman氏は綿花仲介会社(cotton brokerage)、輸送やバンキング、不動産投資(investments on transportation, banking and real estate)などで財を成したそうです。
そして建築はPhilip Trammell Shutze氏によるものです。
外観も素敵ですが中も素晴らしい~♪
でも中は撮影禁止!豪華で一見の価値があります!!




そのほかにもゴルフの神様、Bobby Jones(アトランタ出身)の展示室があったり、マイケルジャクソンの帽子や歴史的ミュージシャンたちの身に着けていたもの等を展示している「Ain't Nothing Like the Real Thing」展があったりと、時間がいくらあっても足りません・・・(泣)

Exhibit7.jpg



美術館同様に見たいところはじっくり、それ以外はさらーっとor次回に回す等したほうがいいと思います。



Atlanta History Center
130 W Paces Ferry Rd
Atlanta, GA 30305-1380

チケット
当日10amまではウェブサイトで2ドル引きで購入できます。
Publixなどに置いてある雑誌にも割引券が付いています。
もちろん単品じゃなければCity Passにも選択肢が入ってます。
そして、Bank of Americaに入っている人には朗報!
Museums on Usというサービスがあって、以下の日程ではphoto IDとyour Bank of America/Merrill Lynch cardを見せれば無料だそうです! 
ちなみに今月は明日、明後日じゃないですか~
Upcoming eligible weekends:
March 3rd and 4th | April 7th and 8th | May 5th and 6th | June 2nd and 3rd

ツアー
Swan House,Smith Family Farmはツアーでのみ解説付き(英語)で入れます。
(ツアー客以外には他に誰もフラフラ歩いていなかったのでそのはず・・・要確認)
それぞれ所要は40分です。
ツアーの事前予約はできずヒストリーセンター入館時に希望を伝えると時間を指定されます。


レストランは事前にアップしたSwan Coach Houseほかに、
Chic-fil-Aが入っていて簡単に済ませたい人にオススメ。

Kid's Cornerもあるそうです。






復興支援や途上国支援、難病の子ども支援のクリック募金がほんの一瞬でできます↓
クリックで救える命がある。



お帰りの際に、ポチッとして頂けると元気が出ます。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
プロフィール

Alana

Author:Alana
ご訪問ありがとうございます。
ブログを引っ越しましたので、ぜひこちらにもお越しください↓
http://alana888.blogspot.com/
~~~~~~~~~~~~~~~~~
・Grobal Soap Project
石鹸で手を洗えれば年間140万人の命が救われ、五歳以下の子供の肺炎のリスクを50%減らせます。何もしなければ毎日260万個破棄される石鹸を命を救う手段にできるって素敵だと思いませんか?
アトランタ在住Our Hero Derreckさんからのメッセージはコチラから↓
Global Soap Project




尚、このサイトは個人の趣味であり誤記のないよう努力しておりますが、内容の正確性等をはじめ一切の責任を追いかねますのでご了承下さいませ。

また、頂いたコメントは承認制のためアップに少々時間がかかります。
メールをご希望の方は、コメント欄にその旨とご連絡先をお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。